ハネムーン病、あるいは膀胱炎の話をしたい

リプロライツ関連のトピックを調べていて、非常に強く思ったわけです。 恋人、または配偶者のいる世間の女性は膀胱炎に苦しみすぎてやしないか。

膀胱炎ってしってますか?

パートナーのいる女性は大概知っているのではないかと思う。 何故か。『性交経験者の女性はかなり高確率でかかる病気だから」です。

膀胱。字面がパワフルである。これだけ見てもぴんと来ない。 でも、ものすごいありふれた病気。女性にとっては。 性交経験がなくても罹りうる。ただ、不衛生な性交渉を行うとかなり高い確率で罹る。 そして、にも関わらず、パートナー間で問題が共有されづらい。

しかし、下手すると死ぬ病気でもあります。脅しではない。

girlschannel.net

膀胱炎は、セックスが原因となりやすい

初回の性交で罹る女性が多く(これは、キス病などと同様、異なる常在菌同士の行き来が起こるため、とされる) ハネムーン病、あるいはハネムーン膀胱炎、ハネムー腎盂炎などと呼ばれる。 男性がかかりにくいのは、尿道が(外性器を兼ねていて)長いため。 大腸菌などのありふれた常在細菌が引き起こす感染症なので、所謂性感染症ではないわけですが、 罹患すると、男性にとっての陰部の感染症や、泌尿器疾患と張り合うレベルの苦痛を伴います。 加えて重症化しやすく、腎盂炎まで進行すると血尿・高熱と重い症状を引き起こす。しかも慢性化・反復の可能性が高い。

事実上、セックスが原因で起こる膀胱炎は『性交によって引き起こされる細菌感染症』です。

男性にしろ女性にしろ、外性器は排尿器官を兼ねている。すぐ近くには排便器官である肛門もある。トイレの一歩手前である。それを、粘膜部に接触させる、あるいは同じ手指で触る、それ自体が一定のリスクを伴うわけです。

具体的に注意するポイントは?

  • お尻を触った手で性器付近を触らない
  • 性器と手指は事前に清潔に、爪は切る
  • できればシャワーを浴びる
  • 女性の場合は、セックスのあとなるべくトイレに行くようにする

一見すると、些細なことだけど大事です。そんな機会ないよ!って人も覚えておくと良いかも。 男性の場合、このへん気遣えないと、パートナーの明確な拒絶はなくても失望されている可能性がけっこうある(明確に、危険な病気に罹る可能性のある行為を繰り返されている、わけですから)ということも念頭に置いたほうが良いかな、とも思います。しかし、「彼氏が事前にシャワーを浴びてくれない」「やめてといっても肛門を触るせいで繰り返し再発している」みたいな書き込みを見ると若干、こころがつらい。女の我侭じゃないよ。実際問題としてあぶないんだよ……

このトピックについての女性側の意見を拾っていると、男性の無理解を嘆くものが一定数存在していて、中々世知辛い気持ちになります。 多くの場合、「知識がない」「意識できない」背景があるのかな、と愚考するわけですが。 いかんせん身体の下のほうの病気であるが故に、打ち明けにくい、というのもあると推測。

「セックスのリスクが女性だけに掛かるケース」としてはある意味、妊娠よりも発生頻度が高いわけで、パートナーさんが罹ってしまった場合、自分には関係ない、とは考えず、大事にしてあげて下さい。 治療中のセックスは絶対にやめよう。

余談

しかし、エロゲで「セックスの翌日にヒロインが寝込む」展開って、あんまり見た記憶がないな、と。 女性向け恋愛小説とか少女小説だとたまに見る。このあたりを思い返して女性の価値観、恋愛観に、「愛する人の欲望を受け入れたリスクを引き受けることの美学」みたいなやつがあるのかもしれない、と考えたりします。ハネムーン病っていうと、ロマンティックに見えなくもないというか……実際は膀胱の病気だけど……

でもこれ、実際罹るとロマンティックも何もなく、ひたすらしんどい。 自分は一回かかったけれど、以降再発はしていません。恋人氏は普通に気遣ってくれたしすごい謝られたんだけれども、自分の無防備さを反省した。セックスにおける健康リスクは女性のほうが高い。それでも自分の身体なのだから、相手任せじゃダメで、よりクリティカルな事態を避けるために(責任を負わせないために)、常に意識してなきゃいけない。 男女ともに「自分の身体を大切にしてこそのコミュニケーション」って感覚はすごく大事だと思う。

ただ、そういう反省とは別に、別にひたすらしんどかった。一日何回もトイレに行かなきゃいけないのに行くたびにめちゃくちゃ痛いし仕事中困るし、腎臓からくる発熱が落ち着いても抗生物質で熱を出すし体力は搾り取られるし。 それと、男性の前立腺障害の辛さに思いを馳せた。これはつらい。

具体的に、罹ってしまったらどうする?

www.skincare-univ.com

治療については専門的な解説サイトが山ほどあるので、皆様参考にして下さい。 放置しても直らず、重症化すると命に関わるので注意が必要です。 ざっくりと対処法をまとめると、

  • なるべく早く泌尿器科or産婦人科or内科に行って、抗生物質を出してもらう
  • 薬は必ず飲みきる。尿検査でOKが出るまではきちんと通う。
  • ストレスと疲労が抵抗力を下げる。極力、無理を避ける
  • 水、あるいは利尿効果の望める飲料を一日3リットル程度意識して取る。
  • こまめにトイレにいく。

膀胱炎は、セックスが原因とは限らず、長時間小用を我慢したり、体力の低下によっても発症します。 うっかりパートナーさんが罹ってしまった場合は、早めの受診を勧めてあげてください。